サロンド英華

BLOG

2019.04.14お知らせ

先生業!自分の話してませんか? 

毎年この時期行われている
駐日大使館のイベント「アジアの祭典」に
行ってきました。

言葉も習慣も全く違う国の人達。
私もあまり英語は得意ではないので、

色々と聞きたい時に、

なんとか聞き取れた単語
話している相手の、表情、声のトーン
身振り手振り、聞き取れる情報だけで、

相手の言っていることを
とにかく一生懸命理解しようと聴きます。

こうすることで、不思議とコミュニケーションが
とれて、なんとなく話していることがわかるんです。

ここで一番大切だな、
と思ったのが、

~~~~~~~~~

相手を理解すること

~~~~~~~~~

これに尽きるなと感じました。

先生講師の方、ここを後回してませんか?

もし、

していたら要注意です!

こういう先生講師、コンサル業の方は
どうしても自分のことを話したがるし

相手の話を、最後まで聞かずに
途中で話を割り込んだりしちゃうんです。

これ、本当に気を付けないとです。

どうしてそうなるかというと、

私もそうでしたが、
教える仕事をしていると、
ついついアドバイス的に

話してしまったりしませんか?

相手の話を聴いているのに、

そこに、自分の経験談や
同じ境遇だったことなどあると、
共感したい、寄り添いたい思いで、

ついつい自分の話しをしてしまうんですよね。

だけど、これってね、

相手にとっては、

何の共感もこちらの想いも
実は伝わっていない事があるんです。

何故かというと、

相手は、
別に先生の体験談を聴きたいから
話していたわけではないですものね。

生徒さんやお客様、クライアント様
の話を良く聴いて、

とにかく一生懸命理解してあげる、

そうすることで、自分のことを
わかってもらえたと感じて
初めて、伝わるものなんです!

同じ経験をしたこと、共感したこと
寄り添いたい思いなどが伝わるから、
それからであれば、
話も役立つものです。

要は、先生講師・コンサル業の先生方
自分の話をしても、

相手を理解することを先にしなければ

何も伝わらないということ。

もしかしたら、自分の話をしたことで、
自己満足しないようにしてくださいね。

「ありがとう」と

言ってくれるかもしれませんけど、
それって、
安易に、何かをしてもらっただけの
気持ちからだけかもしれませんからね。

それでは、

相手にとって何の進歩もない訳ですから、
解決にもならず、成長もなければ

結果、相手を磨くこと、成果にも出ませんからね。

特に先生講師・コンサル業の方
立場が上の方からの場合は、
特にお気をつけくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆先生講師・コンサル業の方のための
相手を磨く心配りと会話術
「リスペクト・ディスカッションスキル
90分間トレーニング」個別体験会のおしらせ。

4月19日(金)11:00~12:30
4月23日(火)13:00~14:30
4月28日(日)11:00~12:30

詳しくはこちらからご覧ください。
https://info1415361.wixsite.com/website-4

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サロンド英華

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームよりお問い合わせください

080-6678-0719